インフルエンサーモデルがSNS拡散する動画コンテンツマーケティング!

pr

動画マーケティングが来ると言われて、半年くらいたちましたが
最近、企業が仕掛けた動画も多く見るようになってきましたね。

では、動画マーケティングについて、今じゃないとダメっていう理由を上げてみます。

今、動画マーケティングに取り組む理由

  1. デバイスの多様化
    スマホやchrome castなど動画を見れる状況が次々と確立されている。
    みんなyoutubeで音楽きいてるんですよね。
  2. 動画広告市場の拡大
    インターネット動画広告市場は、2013年には132億円となり、前年(40億円)の3倍以上の規模に拡大。
  3. 長期的なマーケティング効果
    広告と違い、短期的な効果だけでなく、半永久的にオウンドメディアに公開しておくことができる。
  4. デジタルネイティブ世代の台頭
    幼少期から情報化社会の中で生きてきて、自ら情報を探すことに慣れている。従来型の広告を受けつけない者もいる。

というように、ライバル他社に先がけて取り入れることによって、注目が集まりやすいなど
やるなら早いほうがいいと思います。

では、拡散される動画とは?

では、拡散される動画はどんなものがあるでしょう。

例:拡散されている動画(企業編)

忍者女子高生 | 制服で大回転

女子高生・忍者というキーワードもありますが
簡単に言うと「すごい」「おもしろい」というような内容ですね。

しかし、こういったSNSやキュレーションメディアなどで取り上げられている一部の動画などは
アイデアもさておき、撮影にかなりの予算もかけていますので
誰もが実施できるものではありません。

低予算で動画マーケティングを成功させるには
「コンテンツ」と「きっかけ」が必要

よく動画マーケティングで失敗しているのは
単に商品やサービス紹介動画を作成して
自社メディアやサイトにアップするという手法です。

興味の高いユーザーがやっと見てくれるくらいで
マーケティングとして成り立つようなものでもありません。

ユーザーは単なる商品紹介動画やサイトなどには魅力を感じることもなく、
強制的に見せられる広告動画にもうんざりしています。

WEBコンテンツのマーケティングにも言われることですが

まずは「ひとりよがりではない」「ユーザーが求める情報」を組み込んだ「動画」を作成することがとても重要です。

そして、次に必要なのが動画を見るきっかけ=拡散です。

「インフルエンサーモデルがSNS拡散する動画コンテンツマーケティング!」
では、美人時計などに出演しているモデルを動画に出演させて
モデルたちがその動画をSNSで紹介します。

3

動画コンテンツも、モデルが実際に商品を体験する
ユーザー口コミ的な内容になっているので
TVのバラエティ番組のような見やすさがあります。

サンプル:美人時計ゴルフ部

4

ブログランキング・にほんブログ村へ